スピリチュアルやマインドフルネス瞑想で内なる平和を見つけよう

公式LINE
スピリチュアルやマインドフルネス瞑想で内なる平和を見つけよう

本日はスピリチュアルやマインドフルネス瞑想についてお話ししたいと思います。

現代社会では、ストレスや不安、心の疲れが多くの人々に押し寄せています。

そんな中で注目を浴びているのが、スピリチュアルやマインドフルネス瞑想です。

スピリチュアルとは、人間の内面や魂、宇宙の法則などに関心を持ち、それらをより良い方向へ導くための学問や実践です。

スピリチュアルを追求することで、人々は自分自身や他者とのつながり、人生の目的や意味を見つけることができます。

マインドフルネス想瞑は、現在の瞬間に意識を向けることで、心を静め、内なる平穏を感じる瞑想法です。

日常生活での忙しさやストレスから解放されるために、マインドフルネス瞑想を実践する人も増えてきています。

スピリチュアルやマインドフルネス瞑想を取り入れることで、心の安定や癒し、自己成長を促すことができます。

また、自分自身や他者とのつながりを深めることで、より豊かな人間関係を築くこともできます。

さらに、スピリチュアルやマインドフルネス瞑想は、心身の健康にも良い影響を与えると言われています。

ストレスや不安を軽減し、心のバランスを整えることで、体調不良や病気の改善にも繋がるかもしれません。

しかし、スピリチュアルやマインドフルネス瞑想は一朝一夕で身につくものではありません。

継続的な努力と実践が必要です。自分自身と向き合い、内なる声に耳を傾けることで、より深い理解と実感を得ることができます。

このブログでは、スピリチュアルやマインドフルネス瞑想の基本的な考え方や実践方法、効果的な瞑想の仕方などをご紹介していきます。

初心者の方から経験者の方まで、どなたでも役立つ情報を提供できるよう、わかりやすくお伝えしていきます。

心の安定や癒し、自己成長を望む方、ストレスや不安で悩んでいる方、マインドフルネス瞑想の効果に興味を持っている方、ぜひこのブログを参考にしてみてください。

スピリチュアルやマインドフルネス瞑想があなたの人生にポジティブな変化をもたらすことを願っています。

それでは、本題に入っていきましょう。

  1. スピリチュアル・マインドフルネス瞑想の事前知識
    1. スピリチュアルとは何か?
    2. マインドフルネス瞑想とは何か?
    3. スピリチュアル マインドフルネス瞑想とは何か?
    4. スピリチュアル マインドフルネス瞑想の効果
    5. スピリチュアル マインドフルネス瞑想の実践方法
  2. スピリチュアル・マインドフルネス瞑想の歴史と可能性
    1. 瞑想の起源
    2. マインドフルネスの登場
    3. スピリチュアル マインドフルネス瞑想の発展
    4. スピリチュアル マインドフルネス瞑想の特徴
      1. 1. 内なる観察
      2. 2. 現在の瞬間への集中
      3. 3. 霊的な目覚め
    5. スピリチュアル マインドフルネス瞑想の現代への影響
  3. スピリチュアル ・マインドフルネス瞑想のメリット
    1. 1. ストレスの軽減
    2. 2. 現在に集中する力の向上
    3. 3. 内なる平和と喜びの実現
    4. 4. 自己理解と内なる成長の促進
    5. 5. 心身の健康の促進
  4. スピリチュアル・マインドフルネス瞑想のデメリット
    1. 1. 無駄に時間を費やす可能性
    2. 2. 現実逃避の傾向
    3. 3. 過剰な自己中心性の増加
    4. 4. 現実世界とのバランスの欠如
    5. 5. ネガティブな感情の増強
    6. まとめ
  5. スピリチュアル・マインドフルネス瞑想の注意点
    1. 1. 適切な環境を整える
    2. 2. 快適なポーズをとる
    3. 3. 呼吸に意識を集中させる
    4. 4. 思考の流れに振り回されない
    5. 5. 無理をしない
  6. スピリチュアル マインドフルネス瞑想ニッチな知識
    1. 1. スピリチュアル マインドフルネス瞑想とは
    2. 2. 瞑想のポーズと呼吸法
    3. 3. スピリチュアルな存在やエネルギーへの意識
    4. 4. チャクラとエネルギーの調和
    5. 5. クリスタルやエッセンシャルオイルの活用
    6. 6. 目的に応じた瞑想法の選択
    7. 7. スピリチュアル マインドフルネス瞑想の効果
    8. 8. スピリチュアル マインドフルネス瞑想の実践方法
  7. まとめ
  8. 波動アップ・スピリチュアル・マジックBoxヒーラーくん

スピリチュアル・マインドフルネス瞑想の事前知識

スピリチュアル・マインドフルネス瞑想の事前知識

スピリチュアルとは何か?

チュアルとは、人間の内面や魂の成長や発展に関わることを指す言葉です。

スピリチュアルな実践は、物質的な世界だけでなく、非物質的な次元や存在に対する探求や理解を目指します。

スピリチュアルな実践は、個人の信仰や宗教によって異なる要素やアプローチを持こつともありますが、一般的には、人間の魂や意識の成長に焦点を当てたものとされています。

マインドフルネス瞑想とは何か?

マインドフルネス瞑想は、仏教の伝統的な瞑想法の一つであり、現在の瞬間に意識を集中することで、心の安定とクリアな思考を促すことを目的としています。

この瞑想法は、バラに集中する、呼吸に集中する、体の感覚に集中するなど、さまざまな方法で行われます。

マインドフルネス瞑想は、過去や未来の心配やストレスから離れ、現在の瞬間に完全に集中することで、心の平穏とストレスの軽減をもたらします。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想とは何か?

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、スピリチュアルな目的とマインドフルネス瞑想の要素を組み合わせた瞑想法です。

この瞑想法は、心の成長や魂の発展に焦点を当てながら、現在の瞬間に完全に意識を向けることで、内なる平穏や洞察力を得ることを目指します。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、心と魂のつながりや意識の深化を促し、自己の成長と発展をサポートします。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想の効果

スピリチュアル マインドフルネス瞑想には、さまざまな効果があります。

まず、心の平穏をもたらすことがあります。現在の瞬間に意識を向け、過去や未来の心配やストレスから離れることで、心の静けさと落ち着きを実感することができます。

また、スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、自己の成長と発展をサポートします。

内なる洞察力や直感を高め、自己の魂の目的や使命を見つける手助けとなるでしょう。

さらに、ストレスの軽減や心身のリラックス、集中力の向上、感謝の心を持つことなど、さまざまな健康効果ももたらされます。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想の実践方法

スピリチュアル マインドフルネス瞑想を実践するためには、以下の手順を参考にすることができます。

  1. 静かな場所を見つける: 瞑想を行うためには、静かな場所を見つけることが重要です。外部の刺激や騒音が最小限に抑えられる場所を選びましょう。
  2. 心と体をリラックスさせる: 瞑想を始める前に、深呼吸や身体の緩和運動を行うことで、心と体をリラックスさせてください。
  3. 瞑想のポーズをとる: 座った姿勢で、背筋を伸ばし、姿勢を正すことで、瞑想のポーズをとります。目を閉じて、心と体をリラックスさせます。
  4. 瞑想に集中する: マインドフルネス瞑想の要素を取り入れながら、スピリチュアルな目的に向かって意識を集中しましょう。例えば、バラに集中する、呼吸に集中する、体の感覚に集中するなど、自分に合った方法を試してみてください。
  5. 感謝や祈りを捧げる: 瞑想の終わりに、感謝の気持ちや祈りを捧げることで、瞑想のセッションを終えましょう。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、個人の信念や宗教の背景によって異なるアプローチや要素を持つこともありますが、基本的な瞑想の手順や目的は共通しています。

自分自身の成長や発展を促すために、スピリチュアル マインドフルネス瞑想を取り入れてみてください。

スピリチュアル・マインドフルネス瞑想の歴史と可能性

スピリチュアル・マインドフルネス瞑想の歴史

瞑想の起源

瞑想は、古代からさまざまな宗教やスピリチュアルな実践の一環として行われてきました。

特に東洋の宗教、特に仏教やヒンドゥー教で広く実践されていました。

これらの宗教では、瞑想は霊的な目覚めや内なる平和を求める手段として重要視されています。

マインドフルネスの登場

マインドフルネスは、20世紀に西洋で広まった瞑想の一形態です。

この概念は、1970年代にアメリカの心理学者であるジョン・カバット=ジンによって導入されました。

彼は、瞑想を通じて心の状態を観察し、現在の瞬間に集中することでストレスを軽減する方法を提唱しました。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想の発展

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、伝統的な瞑想の要素とマインドフルネスの手法を組み合わせたものです。

このスタイルの瞑想は、心と魂の成長、内なる平和、そして霊的なつながりを追求する人々によって実践されています。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想の特徴

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、個々の実践者によって異なるアプローチやスタイルで行われますが、いくつかの一般的な特徴があります。

1. 内なる観察

スピリチュアル マインドフルネス瞑想では、自分自身の内側を観察することが重要です。

思考、感情、身体的感覚など、自分の内部の経験に意識を向けることで、より深い自己理解と内なる平和を追求します。

2. 現在の瞬間への集中

マインドフルネスの要素に基づいて、スピリチュアル マインドフルネス瞑想では、過去や未来ではなく、現在の瞬間に意識を集中させることが重要です。

この瞬間の存在に完全に没頭することで、心を落ち着かせ、内なる平和を見つけることができます。

3. 霊的な目覚め

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、霊的な成長や目覚めを追求することを目的としています。

実践者は、内なる自己や宇宙の本質についての洞察を得ることを望んでいます。

これにより、より大きな意味や目的を見つけることができます。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想の現代への影響

現代のストレスや不安が増える中、スピリチュアル マインドフルネス瞑想はますます人気を集めています。

多くの人々が、この瞑想の実践を通じて内なる平和や意識の目覚めを見つけようとしています。

また、科学的な研究もマインドルフネス瞑想の効果を支持しており、心身の康健にポジティブな影響を与えることされが示ています。

スピリチュアル ・マインドフルネス瞑想のメリット

スピリチュアル ・マインドフルネス瞑想のメリット

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、心と魂の成長を促し、内なる平和と調和を実現するための方法です。

この瞑想法を実践することにより、多くのメリットを得ることができます。

1. ストレスの軽減

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、心と体の緊張を解放し、ストレスを軽減する効果があります。

日常の忙しさやプレッシャーから離れ、内なる平穏を取り戻すことで、身心のリラックスを促します。

2. 現在に集中する力の向上

マインドフルネス瞑想は、現在の瞬間に集中する能力を高める助けとなります。

日常生活では、過去の出来事や未来への不安に思いを巡らせることが多いものですが、この瞑想法によって、現在の瞬間に意識を集中させることができます。

その結果、思考の乱れや散漫さを減らし、集中力を向上させることができます。

3. 内なる平和と喜びの実現

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、内なる平和と喜びを実現する手段としても知られています。

心の中の騒音や不安を取り除くことで、深い静けさと安定感を得ることができます。

これにより、心の中に喜びと満足感が湧き起こり、生活全体にポジティブな影響を与えることができます。

4. 自己理解と内なる成長の促進

スピリチュアル マインドフルネス瞑想によって、自己理解と内なる成長を促進することができます。

深い瞑想の状態に入ることで、自分自身とのつながりを感じ、自己探求の旅に出ることができます。

このプロセスによって、自己受容や自己成長につながる変容が生じ、より意味のある人生を歩むことができるようになります。

5. 心身の健康の促進

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、心身の健康を促進する効果もあります。

瞑想によってストレスや不安を軽減することで、免疫機能の向上や血圧の正常化など、身体的な健康効果が期待できます。

また、瞑想は心の安定をもたらし、心疾患やメンタルヘルスの改善にも役立つとされています。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、心と魂の成長を促し、内なる平和と調和を実現するための方法です。

瞑想を行うことでストレスの軽減や現在に集中する力の向上、内なる平和と喜びの実現、自己理解と内なる成長の促進、心身の健康の促進などのメリットが得られます。

日々の生活に取り入れて、心身のバランスを整えることをおすすめします。

スピリチュアル・マインドフルネス瞑想のデメリット

スピリチュアル・マインドフルネス瞑想のデメリット

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、多くの人々にとって素晴らしい効果をもたらすことがありますが、一方でデメリットも存在します。

以下では、スピリチュアル マインドフルネス瞑想のデメリットについて詳しく説明していきます。

1. 無駄に時間を費やす可能性

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、集中力を高め、心を落ち着かせる効果がありますが、一方で時間を費やすこともあります。

例えば、瞑想に没頭しすぎて他の重要な仕事や活動を怠ってしまう可能性があります。

時間管理が苦手な人や、瞑想に過剰に依存してしまう傾向のある人は、この点に注意が必要です。

2. 現実逃避の傾向

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、心を静めることやストレスを軽減することに効果がありますが、一方で現実逃避の傾向を助長する可能性もあります。

瞑想に没頭することで、現実の問題や課題から逃げようとする傾向が生じることがあります。

このような場合、瞑想を行うことで問題を解決するのではなく、逆に問題を放置してしまうことになりかねません。

3. 過剰な自己中心性の増加

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、自己の内面に向き合い、自己成長を促進する効果がありますが、一方で過剰な自己中心性を助長する可能性もあります。

瞑想によって自己の内面に深く入り込むことで、自己中心的な思考や行動が増えることがあります。

他人への思いやりや共感力が低下することで、人間関係に悪影響を及ぼす可能性もあります。

4. 現実世界とのバランスの欠如

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、内面を探求することや魂的な経験を追求することに重点が置かれますが、一方で現実世界とのバランスを欠く可能性もあります。

瞑想に没頭し過ぎることで、現実の世界に対する関心や関わりが薄れ、社会的な活動や人間関係が疎かになることがあります。

バランスを保つためには、瞑想の時間と現実世界の時間を上手に調整する必要があります。

5. ネガティブな感情の増強

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、内面の平穏やポジティブな感情を促す効果がありますが、一方でネガティブな感情を増強する可能性もあります。

瞑想によって深層意識が浮き彫りになることで、トラウマやネガティブな思考が増強されることがあります。

適切なサポートやアドバイスを受けながら、瞑想を行うことが重要です。

まとめ

スピリチュアル マインドフルネス瞑想には、多くの良い効果がありますが、一方でデメリットも存在します。

時間の無駄使いや現実逃避、自己中心性の増加、現実界世とのバランスの欠如、ネガティブな感情の増強などが挙げられます。

これらのデメリットに対処するためには、瞑想を行際うにはバランスを保ち、適切なサポートを受けながら取り組むことが重要です。

スピリチュアル・マインドフルネス瞑想の注意点

スピリチュアル・マインドフルネス瞑想の注意点

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、自己探求やストレス解消、心の平穏を求める人々に広く受け入れられています。

しかし、初めて瞑想を試す人やスピリチュアルな世界に触れる人にとっては、注意が必要なポイントも存在します。

ここでは、スピリチュアル マインドフルネス瞑想の注意点や初心者が気をつけるべきことについて説明します。

1. 適切な環境を整える

スピリチュアル マインドフルネス瞑想を行う際には、静かで穏やかな環境を整えることが重要です。

騒々しい場所や他の人の気配が感じられる場所では、集中力が散漫になります。

そのため、できるだけ静かな場所を選び、周囲の音騒や音を遮断するためにイヤープラグやヘッドフォンを使用することをおすすめします。

2. 快適なポーズをとる

瞑想中は、身体の緊張を解放し、リラックスした状態を保つことが大切です。

座禅や蓮華座のような伝統的な瞑想のポーズは、慣れるまで辛く感じるかもしれません。

初心者の場合は、座椅子やクッションに座って、背筋を伸ばし、自然な姿勢で瞑想を行うことをおすすめします。

自分に合っポたーズを見つけることで、瞑想の効果が高まります。

3. 呼吸に意識を集中させる

スピリチュアル マインドフルネス瞑想では、呼吸に意識を集中させることが重要です。

呼吸は、私たちの内側の状態や感情と密接に関連しています。瞑想中に深く呼吸することで、心と身体の緊張をほぐし、気持ちを落ち着かせることができます。

初心者の場合は、呼吸を数えたり、吸う息と吐く息の感覚に意識を向けることから始めると良いでしょう。

4. 思考の流れに振り回されない

瞑想中には、数々の思考や感情が浮かび上がってくることがあります。

これは自然な現象であり、心の中の潜在意識や抑えられていた感情が表出する結果です。

初心者の場合、思考の流れに振り回されてしまい、瞑想の集中力が途切れることがあります。

しかし、それに気づいた時点で自分を戻し、再び呼吸に意識を集中させることが重要です。

思考が浮かび上がったら、それをただ観察するだけであり、執着せずに離れていくことを意識しましょう。

5. 無理をしない

スピリチュアル マインドフルスネ瞑想は、継続して行うことで効果が現れるものです。

しかし、初めて瞑想を行う人にとっては、すぐに結果が出るわけではありません。

瞑想中に集中力が途切れたり、不快感を覚えたりすることもあるかもしれません。

そのような場合でも、自分自身を責めずに、無理をせずに続けていくことが大切です。

少しずつ習慣づてけいくことで、瞑想の効果を実感できるようになるでしょう。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、心と身体の調和を促し、内なる平和と洞察力を養う方法です。

しかし、初心者が瞑想を行う際には、適切な環境を整えることや呼吸に意識を集中させること、思考の流れに振り回されないことなどに注意が必要です。

また、無理をせずに自分のペースで続けていくことも大切です。

瞑想を通じて、自己の内側に気づきをもたらし、心の平穏を得ることができるでしょう。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想ニッチな知識

スピリチュアル マインドフルネス瞑想ニッチな知識

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、心と体の統一と幸福を追求するための瞑想の一種です。

一般的には、瞑想は静かな場所で目を閉じて行うイメージがありますが、スピリチュアル マインドフルネス瞑想は少し異なります。

この記事では、スピリチュアル マインドフルネス瞑想に関する一般的な知識に加えて、一般の方が知らなさそうなニッチな知識をご紹介します。

1. スピリチュアル マインドフルネス瞑想とは

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、仏教の伝統的なマインドフルネス瞑想をベースにしていますが、スピリチュアルな要素が加わっています。

この瞑想法では、マインドフルネス(「今この瞬間に意識を向けること」)を実践しながら、さらにスピリチュアルな存在やエネルギーに意識を向けることが特徴です。

2. 瞑想のポーズと呼吸法

スピリチュアル マインドフルネス瞑想では、通常の瞑想と同様に座って行います。

座る際には、背筋を伸ばしてリラックスした状態で座ることが重要です。

そして、鼻から深い呼吸をすることで、自然なリズムで呼吸をするように心がけます。

この呼吸法によって、体と心の緊張が解け、リラックスした状態に入ることができます。

3. スピリチュアルな存在やエネルギーへの意識

スピリチュアル マインドフルネス瞑想では、通常のマインドフルネス瞑想に加えて、スピリチュアルな存在やエネルギーへの意識を高めることが目標です。

これにより、自分自身や周りの世界とのつながりを感じることができます。

例えば、宇宙や自然のエネルギーに意識を向けることで、より深い瞑想状態に入ることができるのです。

4. チャクラとエネルギーの調和

スピリチュアル マインドフルネス瞑想では、チャクラと呼ばれるエネルギーセンターにも意識を向けることがあります。

チャクラは、体内に存在するエネルギーセンターであり、身体と心のバランスを取る役割を果たしています。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想を行う際には、特にチャクラのエネルギーが調和していることを意識とするこが重要です。

5. クリスタルやエッセンシャルオイルの活用

スピリチュアル マインドフルネス瞑想では、クリスタルやエッセンシャルオイルなどのツールを活用することもあります。

クリスタルは、エネルギーを受け取りやすくする力があり、瞑想時に持こつとでより深い状態に入ることができます。

また、エッセンシャルオイルは、香りによって心と体のリラックスを促す効果があります。

6. 目的に応じた瞑想法の選択

スピリチュアル マインドフルネス瞑想では、目的に応じて適切な瞑想法を選択することが大切です。

例えば、自己成長や内省を目的とする場合には、自己観察や自己啓発の瞑想法を行います。

また、癒しやリラックスを目的とする場合には、ヒーリング瞑想や深い呼吸法を取り入れることが有効です。

7. スピリチュアル マインドフルネス瞑想の効果

スピリチュアル マインドフルネス瞑想の効果は、個人によって異なりますが、一般的には以下のような効果が期待されています。

  • 心と体のリラックスとストレス解消
  • 自己理解と内省の促進
  • クリエイティビティとインスピレーションの向上
  • 宇宙や自然とのつながりを感じる体験
  • チャクラの活性化とエネルギーのバランス

8. スピリチュアル マインドフルネス瞑想の実践方法

スピリチュアル マインドフルネス瞑想を実践するためには、以下の手順を参考にしてみてください。

  1. 静かな場所で座り、目を閉じます。
  2. 背筋を伸ばし、リラックスした状態に入ります。
  3. 深い呼吸をしながら、今この瞬間に意識を向けます。
  4. 自分自身や周りの世界、宇宙や自然のエネルギーに意識を向けます。
  5. 心地よい状態になるまで瞑想を続けます。
  6. 終了後はゆっくりと目を開け、深呼吸をしながら体を起こします。

以上が、スピリチュアル マインドフルネス瞑想に関する一般的な知識に加えて、一般の方が知らなさそうなニッチな知識でした。

スピリチュアル マインドフルネス瞑想は、心と体の統一と幸福を追求するための貴重な瞑想法です。

是非、日常生活に取り入れてみてください。

まとめ

まとめ

今回の記事では、スピリチュアルとマインドフルネス瞑想について詳しく説明しました。

スピリチュアルは、人々が日常の喧騒から離れ、内なる自己とのつながりを深めるためのものです。

マインドフルネス瞑想は、自分自身や周りの環境に対して意識を集中させることで、心の平穏と幸福感を得ることができる瞑想法です。

スピリチュアルとマインドフルネス瞑想は、現代社会のストレスや不安から逃れるための有効な手段となっています。

日常の忙しさやプレッシャーによって心身が疲れた時、自分と向き合い、心を整えることは非常に重要です。

スピリチュアルとマインドフルネス瞑想は、そのような状況で心の安定を取り戻し、より豊かな生活を送るためのツールとして役立ちます。

スピリチュアルとマインドフルネス瞑想を実践するためには、以下のポイントを意識することが大切です。

まず、日常生活の中で少しの空間を作ることが重要です。

忙しい毎日の中でも、自分自身を大切にするための時間を作ることで、心をリラックスさせることができます。

例えば、朝起きたら5分間の瞑想をする、出勤前に散歩する、寝る前にゆっくりお風呂に入るなど、自分のペースに合わせた時間を作ってみてください。

また、心と身体をリンクさせることも重要です。マインドフルネス瞑想では、呼吸や身体感覚に意識を向けることが基本です。

深呼吸をすることでリラックス効果が高まり、心の平穏感を得ることができます。

また、身体の感覚に意識を向けることで、現在の状態に気づくことができます。

さらに、心の中で起こる感情や思考に対して、受け入れる姿勢を持つことも大切です。

ストレスやネガティブな感情が起こった時には、その感情を否定せずに受け止めることが重要です。

マインドフルネス瞑想では、感情や思考に対してジャッジメントをせず、ただ観察することが目的です。

最後に、スピリチュアルな経験や洞察を大切にすることも大切です。

自分自身とのつながりを深めるためには、内なる声に耳を傾けることが必要です。

自分の直感やインスピレーションを信じ、それに従って行動することで、より豊かな人生を送ることができます。

スピリチュアルとマインドフルネス瞑想は、私たちが心の平穏と幸福感を得るための有効な手段です。

日常生活の中で少しの時間を作り、心と身体をリンクさせながら、感情や思考に対して受け入れる姿勢を持つことで、より豊かな人生を送ることができます。

是非、スピリチュアルとマインドフルネス瞑想を実践してみてください。

お問い合わせ

Tel:080-1814-8018 ヒーリングサロンf

波動アップ・スピリチュアル・マジックBoxヒーラーくん

波動アップ・スピリチュアル・マジックBoxヒーラーくん

マジックBoxヒーラーくんとは?

「セルフヒーリング・遠隔ヒーリング装置」・「サウンドヒーリング装置」・「ゼロ磁発生装置(パワースポット空間)」・「活水装置」・「エネルギーグッズ作製装置」・「パワーストーン浄化装置」という1台6役の世にも稀な機械装置です。

●ヒーリングシステム・マジックBoxヒーラーくん

あなたの「願い」は何ですか?

・もっと経済的に豊かになりたい!
・素敵な恋人がほしい
・海外旅行へ行きたい♪
・夫婦円満でいたい~
・仕事で認められたい!
・健康な体になりたい

「願い」は、今の現状を変えるための大きな原動力です。

どんな現実もまずは!「願うこと」から始まります。

でも実は・・・・

私たちの「願い」は、未来に既に叶っている世界が存在しているから「願い」として頭に浮かぶものなのです。

過去-現在-未来という時間軸ではなく、全ての「今」が同じ空間にランダムに並んでいる姿をイメージしてみてみてください。

あなたの願った世界は、既に存在しているからこそ、頭に思いつくのです。

未来は、これから起こるものではなくて、「今ここ」でイメージできたときに、既に存在しています!

つまり「思いついた」ことで叶わない願いはないのです。

マジックBoxヒーラーくん情報サイト

コメント