動物に好かれる人の特徴・スピリチュアルヒーリング後の不思議現象

動物に好かれる人の特・スピリチュアルヒーリング後の不思議現象スピリチュアル
友だち追加

人に好かれる人に理由があるように、動物に好かれる人にも理由があり、人間以上に明確な特徴が表れます。

動物に好かれる人には共通の人間性があります。

動物には鳥や虫が寄ってくることとの違いがあり、脳の構造から人を好きになるシンプルな仕組みがあります。

ここでは、そんな仕組みとなる動物に好かれる秘密をご紹介します。

・動物に好かれる人はどんな人?
・動物に好かれるオーラがある?

動物だからこそ寄ってくる理解には、オーラや波動認知による影響作用があり、スピリチュアルも含めた内容となっております。

誰しもが好かれる人になれる理由があるため、動物との関わりをより家族のようにする一つの考え方となれば幸いです。

動物に好かれる人の特徴

動物に好かれる人の特徴

動物に好かれる=動物が寄ってくる
動物に好かれているかどうかは、寄ってきて一緒にいる時間の長さでわかります。

寄ってくるということは一緒にいたい何かがあります。
動物に好かれる人としての在り方と生き方があり、オーラや波動のスピリチュアルな理由が大きく影響します。

犬が寄ってくる際には、相思相愛であればあるほどに好かれます。

猫の場合は自分の喜びのみを完全なる主体にして生きているために、一方的に寄ってくることもあります。

常にべったりではなく、猫が好きな時だけ寄ってくる状態では、動物に好かれるように見える人だったりします。

このように、外観だけでは本当に好かれているのかどうかがわかりにくいので、初めに動物に好かれる状態や状況を明確にしておきます。

距離感と一緒にいる時間によって、動物に好かれているかどうかがわかります。

動物に好かれる人には人間性がわかる特徴がいくつかありますので、順番にご覧ください。

生き物が好き

動物が好きなことはもちろん、生き物が好きな人です。
一方的に動物が寄ってくるだけではなく、自分からも寄っていきます。

思考ではなく心で動物が好き

動物に好かれる人は心を主体に生きている特徴があります。

脳の思考で好き嫌いの判断や評価をせず、動物が好きな理由を尋ねると、「うーん、好きなものは好き」「なんとなくだけど大好き」と明確な理由を持ちません。

ポジティブとネガティブとは違い、愛と恐怖にある受け入れと拒否を基に認知するのが心、脳で作る喜怒哀楽の感情とは違うものです。

動物を拒否せずに受け入れるという心の認知にて好いています。

今この瞬間を生きる

動物と触れ合う際には何も考えずに、自分の意志を基に動物を大切に想います。

思考優位の生き方がなく、感覚的で感性優位、今この瞬間の時間を何よりも大切にする特徴があり、それが動物と同じ生き方であることで共鳴が起き、人も動物もお互いに喜びのある時間となります。

もし、自分自身のことが好きでないと思っていても、動物と関わっている時には人が変わり、自分が大好きな状態になる人もいます。

喜びに溢れて何も考えておらず、ただ喜びが主体となる最高の時間を、一緒に遊んで戯れます。

攻撃性がない

心を使用する生き方には、攻撃性のない人間性があります。
人に攻撃せず排他せずの意識があり、動物にも同じように意識を持ちます。

落ち着いて、平和的

動物に好かれる人は落ち着いています。
自分を他に押し付けずに常に俯瞰して物事を捉える目線を持ち、我を押し付けないために平和的です。

決め付けや押し付けをしない

「自分自分」と我を押し付けて他を変えようとしません。

動物でも人でも一緒の関わりがあれば、「私にとっては何がベストか?」ではなく、「両者にとっては何がベストか?」という捉え方。干渉が少なく思い込みにて相手を決め付けない特徴です。

自分を愛している

動物が好きである前提と同時に、自分のことが好きであり、さらに愛しています。
心が主体であるために、極端に言うと自分が好きで何も考えない人です。

全ての生き物に同じように接する

動物に好かれる人は生き方や心の在り方として落ち着きがあり、起伏がなく冷静です。

物事を広く捉える俯瞰性を持ち、人や動物や虫や植物など、物事や命への上下左右の見方や差別化をしません。

思考的に物事を決め付けたり思い込むことがなく、人も動物も同じように接し、実際に関わった時にどう感じどう思うかで物事を判断する現実的認知を重んじます。

差別化や区分けで線引きしない

「あの犬は可愛いから好き」「毛並みがフワフワだからこの子が好き」「この子は顔が好みじゃないから嫌い」という物事の区分けや差別を持ちません。

思考して動物の特徴を捉えますが、好き嫌いの判断材料としたり、差をつけて関わり方が変わることがありません。

泥だらけのアルパカでも、パーマをかけた馬でも同じように想い、接します。
以上が、動物に好かれる人の特徴でした。

動物みたいな人は動物に好かれる

動物に好かれる人の特徴をまとめると、動物みたいな人と言えるかもしれません。

自分を愛しているので喜ぶことを大切にし、動物と接する際の心からの心地良さを求めてワチャワチャ関わります。

そんな在り方は動物のように見えますが、動物みたいな人である所以は別にもあります。

認知自体が思考を挟まないで心を主体にし、動物のように真っ直ぐで嘘をつかず、ありのままに自らを存在させます。

動物は脳の仕組みから、物事の認知は本能である防衛本能と生存本能を主体にすると言われます。

動物それぞれの能力を使用して、犬なら嗅覚を、猫なら戦闘レベルの観察を、ウサギなら聴覚を、馬なら感受共感性を、という具合に行動へ向かいます。

動物が行動をする際には思考による認識がなく、「あの人といるとたしかこの後公園で1時間はおしゃべりするから、今日は散歩行きたくないな」とは考えず、自分に危害が加わるかどうかを判断して行動します。

「危害があるかも」と考えず、「心地良いのが良いな」「心地悪いのは嫌だ」という気持ちを主体に認知して判断します。

動物に長けた能力の心の認知であり、人間にも同じものがあります。

動物のような人はこの能力に長けており、思考にて自らを変えたり相手の見方を変えたりせず、ありのままに存在する人です。

動物のように感覚的でありのまま

動物のように感覚や気持ちを基に生きていると、動物が寄ってきやすくなります。

動物と関わる際には何も考えていない特徴があり、「自分の喜びのために動物を利用している」「犬に好かれている私って素敵」などを考えると我欲やエゴが出てきてしまい、動物に気持ちが認知されてバレます。

感覚と感性の心を主体に生きて、感覚からの認識で良い悪いを綺麗に判別し、嘘がなく、体裁や建前を気にする演技をしないさまがあります。

思考はとても大切なものですが、使いどころを分けて動物の近くにいる際には嘘や偽りの演技をする思考がなく、ありのままの自分としているために動物のような人になり、まるで動物と動物が戯れているようになる人もいます。

動物に好かれる人のスピリチュアルとオーラ

動物に好かれる人のスピリチュアルとオーラ

ここからはスピリチュアルな認識も含めて、動物に好かれる人の詳細を見ていきましょう。

動物に好かれる人のスピリチュアルな波動認知

心を主体にすると波動認知が容易になります。

動物に好かれる人の放つ波動は、「心地良い」と動物に感じさせるものであり、お互いの波動が共鳴し合います。

波動とは万物全てが有する振動であり、人やものそれ自体の現状を表すエネルギー。

心は感覚を気持ち(想い)に変換し、波動という振動エネルギーの感覚を気持ちとして感じます。

心が波動を気持ちに変換すると、「心地良い」か「心地悪い」の相反する二つを生み出し、動物も人間も同じように感じます。

鳥や虫になると脳の構造が違うので、「うわぁ、きっもちいいなぁ♪」とは感じませんが、本能と直結して、「危険、なし、よし」と判断する認識材料となるのが波動です。

哺乳類は鳥や虫以上に思考を持ちながら心の認知にて気持ちを感じ、人間以上の身体能力と心の認知能力があるので、より鮮明で詳細に好き嫌いを分けます。

「心地良い」と感じられる波動を放つかどうかに、動物が寄ってきて好かれるかどうかの理由があると考えられ、心地良さを与える原材料が愛です。

愛の波動を放つ人に動物が寄ってくる

動物は感覚と感性で物事を感じ取り、心地良い気分を与えてくれる人を好みます。
それが愛を与えることです。

人に好かれる人も同様に波動の無意識な認知があり、自分を愛してくれる人を好きになったりします。
脳の思考や感情とは違い、心から人を敬い想う愛があります。

動物に好かれる人のオーラ

スピリチュアルな認識には“オーラ”というものもあります。
オーラとは波動を可視化したエネルギーです。

体をまとう層のように何層にも重なって連なっており、意識状態や次元認識、過去世や魂としての理解があり、霊界やワンネスとしての理解などがさまざまに加わり、その人の人間性や在り方や状態が表現されます。

オーロラのように発され、色、大きさ、勢い、輝きの美しさにて人それぞれの違いが表れます。

動物に好かれる人のオーラの特徴は、勢いは強くなく、輝きが強く美しいものです。

勢いは活力やエネルギーの循環を表しており、動物に好かれる人は滞留はありませんが落ち着きがあることと動物を敬う愛の気持ちから、猛烈に発される状態ではありません。

そして何より、オーラの輝きにて美しくなることはその人の魂を表しており、魂として成熟して愛をたくさん持っていると、高いレベルの美しいオーラを放ちます。

愛が強く、魂の成熟度が高い表れ

色に統一はなく、人それぞれの色を放つ

輝きのある美しいオーラをまとった人を見て負の印象を受けることは、動物にも人間にもありません。
動物に好かれる人は人にも好かれ、特に子供や老人に好かれる傾向があります。

動物に好かれるオーラはリラックス

愛の波動と共に安心感があると動物は癒されリラックスします。

動物に好かれる人は平和的で愛があると同時に、芯のある意志を持つことに重要なさまが潜みます。

意志とは、自分の喜びは自分で作る気持ちであり覚悟を意味し、確たる自分を持つ信念と恐怖に負けない強さの表れによって強弱が変わります。

意志があることで主体的に能動的に、意思と責任を持って行動する動力や活力が引き出されます。

愛とはただ人を優しく捉えることではなく、受け入れる許容や認識力を意味するため、主体的でありながら他を敬い尊重する許容があり、自分のことは度外視せずに大切にした上で、関わる動物側の目線で捉えて理解しようとする在り方です。

ここには自分という存在の核となり芯となる強さがあり、動物は安心して近くで防衛本能を解放することとなります。

まとめ

まとめ

動物に好かれる人は、愛を持って平和的で落ち着いた特徴があります。

そうでなくとも嘘をつかずに何も考えないで自分の喜びを主体にすると、動物に好かれることができます。

そんな在り方は自分に抵抗がなく、ありのままで物事に恐れない状態です。

動物に好かれることは動物が好きである前提があり、動物だから、犬だから、猫だからと好き嫌いを分けるのではなく、動物全てが好きだったり、生き物全てが好きだったりと、分け隔てなく関わります。
動物に好かれる人は嘘をつかない正直者です。

他者にも自分にも嘘がないので、人として関わっていても心地良く、疑心も体裁などの余計なことを考えずに一緒にいたくなります。

そんな人には私達人間も寄り、一緒にいる時間を長くしようとすることと思います。

私達は人間でありながら動物の一面もあるため、動物との共通性にて共鳴し、人間味である認識力や許容にて相手を敬い尊重する愛や安心感を付け加えると、動物はとろけちゃう。

誰も困らずみんなが喜ぶ、そんな環境はあるがままに生きている動物の自然な形、動物のように生きる人は自然と好まれます。

動物と共存する時間はとても心豊かで幸せがもたらされます。
ぜひ動物を好きになり、好かれる相思相愛にて、自然体に心のままに良い時間を過ごされてください。

気功ペット整体

気功ペット整体

ペットが病気になった等、元気になれないペットの為に回復のお手伝いをします。

辛い思いを言葉で伝えることも出来ない、あなたの可愛い家族であるペットにエネルギーを送るセッションです。

ペットの種類を問わず、ボディケアが可能です。

スピリチュアルヒーリング・オーラアップ体験談

スピリチュアルヒーリング体験談

スピリチュアルヒーリング・オーラアップとは、オーラが輝き「ビックオーラ」「ビューティーオーラ」になります。

エネルギー(オーラ)が高まり、恋愛運・金運・健康運・仕事運・対人運・結婚運・美容運の運気が上昇していく開運セッションです。

スピリチュアルヒーリング気功整体・スピリチュアルペット整体・気功ダイエット・気功フェイスアップ

動物は嘘をつかない

スピリチュアルヒーリングの絶対的な効果として動物の反応がある。

人間はその時々の状況で、色々と駆け引きや変化があるが、動物は純粋なのでスピリチュアルヒーリングの効果がダイレクトに影響する。

今までにスピリチュアルヒーリングを体験されて特大オーラレベルに運気アップした方には、動物からの信じられないような不思議な現象があります。

これぞまさに体験後のオーラの変化を実証しているものでしょう。
ご報告いただいた不思議現象を以下にご紹介いたします。

1.いつも吼えていた近所の犬が、スピリチュアルヒーリング後には吼えなくなり、しっぽを振って寄ってくるようになった。

2、家庭訪問で初めてお邪魔した生徒のお宅で、飼ってある猫が私の横にきて、ごろんとお腹を見せてじゃれました。

生徒のお母さんもビックリされました。猫は用心深い動物なので、初対面の方にそういうことをすることはないということでした。

3、手乗りインコを部屋に放し飼いにしています。

体験前には家族に均等に寄ってきたのが、体験後には私にだけ寄ってくるようになりました。
良く観察してみると、常時私を探しているみたいです。

4、先生から、スピリチュアルヒーリング後には、犬の反応が違いますよと言われましたので、どういう反応を示すか楽しみに帰宅しました。いつもはドアを開けると飛びついてくる勢いのミニチュアダックスフント2匹ですが、体験当日はドアを開けても2匹とも、じっと私を見上げているのです。

まるで何かを見つめているような雰囲気でした。きっと私のオーラがあまりにも輝いていたので、ビックリして見とれていたのかもしれません。

オーラに慣れたのか翌日からはいつものように2匹とも飛びついてきました。

5、犬を飼っているので、その匂いがついているからでしょうか、友人の家に遊びに行くと必ずそこの犬から吼えられていたのですが、スピリチュアルヒーリング後には、まったく吼えられなくなりました。

スピリチュアルヒーリング体験者の方で、上記のような動物からの不思議現象があった方は、ぜひご一報下さい。

Tel:080-1814-8018

波動を上げて商売繁盛・副収入ゲット・格安・高機能Web制作

波動を上げて商売繁盛・副収入ゲット・格安・高機能Web制作

パソコンをお持ちでない方でも運営しています。

皆様のお仕事や店舗を紹介するポータルサービスサイトとして、ネットショップ機能付きWebサイトを制作します。

あなたのお仕事の専用ページに・・・たっぷり情報掲載!
本業・副業用ホームページとして使用することができます。

お仕事、店舗の基本情報はもちろん、写真、動画、SNSリンク、フォーム、イベント情報など。
3万円(1ページ・初期費用無料・サーバー、ドメイン料無料・更新料込み)で掲載できます。

情報は豊富!
既にホームページをお持ちの企業や店舗様もサブサイトとしてご利用ください。
あなたのお仕事の魅力をアピールできます。

スピリチュアルグッズ

クリスタルペンダント・オールマイティパワーを秘めた天然石

この地球に存在するものすべてが持つ「波動」。
見えずとも聞こえ、感じることのできる波動は、人間の意図で作りだせるエネルギーです。

スイッチを入れるだけで欲しい波動を受け取り、場の浄化や邪気払い、癒し、防御、結界を簡単に生み出せるのが電子波動グッズ。
特別な能力がなくても神秘とつながれる、画期的なグッズと言えるでしょう。

オーラがキラキラ・ITヒーラーくん(業務用)

キラキラなオーラ・ITヒーラーくん

椅子やベッドの下に置くだけでパワーチャージ
対面ヒーリング・遠隔ヒーリングが可能です。

キラキラなオーラに輝く・IT技術によるデジタル化されたヒーリングシステム!!
スピチュアルヒーリングを行うのは「ヒーラーくん」です。

お仕事でヒーリングを行ってみたい方に最適です。

ヒーリングをマスターする必要がありません。
ヒーラーくんの操作マニュアル通りに行うだけで、数種類のヒーリングができます。

スピリチュアルヒーリング・スピリチュアル気功ダイエット・スピリチュアル気功フェイスアップ・スピリチュアル気功整体・
スピリチュアルペット整体・サウンドヒーリングシステム・パワースポットヒーリング

ダウジング占い

ダウジング占い

あなたのオーラの状態を量(quantity)と質(Quantity)を鑑定します。
ダウジングは「モノを探す(ある先を示す)」だけではなく、YESかNOかの答えを導き出すのにも使われています。

私たちが「ダウジング=占い」と認識しているのは、振り子が質問に対する答えを与えてくれるからです。
振り子(ペンジュラム)をぶら下げたら、少なからず左右に揺れます。
この揺れが大きいか小さいによってYESかNOの判定になるという考えです。

縁結び・縁切り

縁結び・縁切り

「現在のあなたの願い事は何ですか?」
願い事を叶える・自分の夢を叶える。
「縁結び」の本当の意味をご存じですか?「縁結び」の「縁(えん)」とは、人と人とのつながりや出会いのこと。
「縁」のある人とは、約束もないのに何度も顔を合わせたり、「縁」のない人とは、約束しても会えなかったりします。
そんな「ご縁」が自分の想う人と結ばれること、そして、ぜひ結ばれるよう神様にお願いすることを、「縁結び」といいます。
よく似た言葉に「良縁」という言葉があります。

「悪縁を断ち切り、幸せでポジティブな人生を!」
縁というものには、幸運を引き寄せる縁もあれば悪い影響を及ぼす縁も存在します。
自分にとって悪い縁は断ち切りたいものですが、知識がないまま縁切りを行うのにはさまざまなリスクがあり、間違った縁切りを行うと、更なる悪い事態に陥ってしまうこともあります。
悪縁を切り良縁を引き寄せ、未来を切り開いていきましょう。

ヒーリングサロンf・Webサイト制作

ヒーリングサロンf・Webサイト制作

貴社・貴店の売り上げアップに貢献するパワーが出ているWebサイト制作。

ヒーリングサロンfでは、サロン系、エステ系ビジネスに特化したWebサイト制作を行っています。

サロン系、エステ系以外(他業種)のWebサイト制作も行いますのでお気軽にお問合せください。
(無料お見積り承ります)

コメント

タイトルとURLをコピーしました